FC2ブログ
--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.06.19 *Fri

まだまだ雪残る黒岳へ

6月18日(木)天気は、晴れのち曇り。
層雲峡ビジターセンターに問い合わせしたところ「7合目から雪ですが登山靴ならやれる!」の言葉を信じて小春さんと黒岳に行くことにしました。

そんな慎重な計画を立てた黒岳ゆきの前日、小春さんと共通の友人も参加することになり、今回は3人での大雪山行きです。

朝4時に家を出て、友人、小春さんを乗せ層雲峡へ向かいます、6時50分着。
ロープウエイ搭乗をゆっくりの7時半にし、大雪山を仰ぎますが・・ガスのため姿は見えず・・5合目の気温7℃、7合目の気温4℃・・かなり寒そうだ。

雨具を着込み、寒さ対策は万全に!この時点で登山者は1名だけ登っているとのこと、平日だもんな。

黒岳駅付近では、早くに咲く高山植物が咲いていました。
写真写真
【エゾノツガザクラ】と日本の蜂・・最近は、洋モノの蜂もいるらしく、日本の蜂が絶滅の危機に・・
写真
【チングルマ】
他に、チシマザクラ、キバナシャクナゲ、ミツバオウレン、エゾコザクラ、エゾツツジ、ショウジョウバカマなどが咲いていました。
お花好きな小春さん、お花を見てテンションあがります♪
本当に、好きなのね☆

ガスのため視界ゼロですが、気温よりは体感温度は暖かく感じます、もちろん見上げても黒岳は見えず、5合目からリフトにのり7合目へ。

写真
朝の静けさ、うぐいすの声に神秘的なガスの中へ(笑)
それでも空気が気持ちがいい!この空間にとても癒されます。

写真
想像していた以上に、雪じゃないですか・・登山道は、まったく見えません!
山に詳しい友人が先行きマス。
この辺りから「ショウジョウバカマ」が目に付くようになります。
この花は、雪が融けてすぐの場所にしか咲かないそうで、山頂までいたるところで見れるのは、今しかない!「今が、チャンス!」つーことね。

写真
7合目からこの雪の中を直登することになります・・これが、8合目までただただ真直ぐ登るのです!
キックステップを取りながら、進むわけで・・太ももパンパンッ!っす。

写真写真
雪の中から少しだ顔を出している木の枝をストッパーにし、ザックを下ろしての小休憩、小春さんと「はい!ポーズ!」この登りはドエムなあたしには、最高でした♪

夏道の登山道をジグザクに登らないだけ、7合目から8合目までの距離感が、あっという間で、得した気分になりました☆

8合目から9合目までは、登山道に雪が積もっている状態が続き、途中雪がないところもあります。
9合目を過ぎた頃、山頂付近が何気に、明るいと思ったら、まねき岩付近から、青空が広がってきました!!

写真
どうだ!晴れ女の力は、今年もまだまだ健在っす!(笑)

そして!これが・・
写真
黒岳山頂からみた、雄大な大雪山です!!
ただ、お日様は出ているものの、あまり風もなくガスの流れで見えたり、見えなかったりなんです。

お腹がすいたので、ちょっとだけお腹に優しい食べ物をあたえます♪
そこへ、大きな荷物を背負った男性が登ってきました、途中軽々と雪渓を下っていった人の仲間さんらしい。
石室へ荷物を運び、整備をしていると言っていました。トイレを使うなら使えるので石室までどうぞ、と云って下さったので、もう行く気まんまんのあたしと、小春さん・・
友人は、ここで満足!と、あまり乗り気じゃなかったですが、無理やり連れて行くことに。

つか、風景にカメラを向けると、前方を歩く、あまり乗り気じゃない友人がどうしても写りこみいらっ!とします。「じゃま~!!」と、叫ぶがポーズをとるし、ほんとまいります・・デジカメを確認したら、必ず小さく隅っこに入っているのです・・ううぅ。

石室までの道のりは、下り20分ほどでしょうか、下りの登山道には雪がなく、花も咲いています。
写真
この辺りで、キバナシャクナゲが咲き、姿は見えませんでしたが、ナキウサギの鳴き声もきけました。

それにしても、大雪山のチラリストには、いつもドキドキさせられちゃいますよ。
見えそうで見えないあなたに、また会いたい気持ちにさせるんですものね。

また君に会える♪季節の訪れに~♪(ここは、ケツメイシの曲で。)
君が綺麗になって戻ってくる~少し大人になって~
白い肌、眩しくって~♪今年の君は、誰もがほっとけない~♪

つか、まだちょっと太めなのね白鳥さん!(笑)

写真
石室付近ではまだ雪がありました。小春さんと大雪山の山々。

お昼前ですが、ここ石室で昼食。
コンロでお湯を沸かし、カップラーメンとおにぎりでお腹も満腹☆
山で食べると、なんでこんなに美味しいのかしらね。

80Lはありそうなザックを持ったおじさんと話をすると、石室に2泊の予定で昨日から来ているが、天候回復しそうにないので、下山すると云っていた。
おじさんは、写真家だそうです、なんと!『岳人』『山と渓谷』専属の写真家なんだそうです・・・すごい人に会ってしまいました♪
写真
もしかしたら、来月号には・・・大雪山の写真がでるのかも。

気温も下がり、ガスも濃くなってきたので、石室の人たちに挨拶をし、写真家さんに挨拶をし、下山。
黒岳山頂につき振り向いたが、大雪山はガスで何も見えません、山頂にある祠にお賽銭を入れ、ナムナム・・・ありがとうございました!
写真
9合目付近でエゾシマリスにも会えました。

8合目からは、直登してきた場所を直下するわけですよ♪
写真
小春さんとあたしは大はしゃぎっ☆
写真写真
もう、笑いが止まりません!滑る~転ぶ~楽しくて、楽しくて♪尻滑り最高っす!!

上手に、シュプールして写真を撮ろうと振り返ると、小春さんが尻滑りで、綺麗に消すし(笑)お腹が痛くなるほど笑いましたわ。

写真
あたしのシュプールと、小春さんの尻滑りの跡♪

朝から、黒岳で良かったのか?阿寒富士に予定変更した方が良かったのか?
そんなことを思いながら、黒岳に登ったが、本当に来て良かったと思える、山行でした。
最近ずっと単独で登っていて仲間との楽しい登山を忘れるところだったな。
小春さん、ありがとうございました!
また、違う山!ふたりでやっちゃいましょうね~ウインクぴかぴか(新しい)

写真
素敵な風景をありがとう~また、来ますね♪


「塩別つるつる温泉」でたっぷりの汗を流して帰路へ。
小春さんも、あたしも・・ほっぺが真っ赤かなんですけど~(笑)
スポンサーサイト
CATEGORY : お山

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List


11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
Copyright © 雨のち晴れ時々山歩き。 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: bee  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。