FC2ブログ
--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.09.12 *Sat

気分は標高6000Mだー。


ここ数日、喘息の発作(咳)が夜になると出る・・ああ、寝不足だ。
ついでに呼吸が浅いため、血液中の酸素90%以下だと思われる・・頭もくらっとするし、とにかく息をするにもあまり吸えない状態。
これって、高山病と似たような感じなのかな・・・と思った。
つか、毎晩あたしは、登山をしているのか・・・あせあせ(飛び散る汗)

今日は休みなので、寝不足解消するべー!で、のんびりテレビ三昧。
ゴロゴロテレビを見ていると、11時から登山家「栗城史多」のUHB北海道文化放送『山のバカヤロウ』が入っていた。

標高6000Mでの映像は、喘息の発作のような様子だった、息を思い切り吸えない状態なんだろうな、やっぱり似てる。
この状態で、登山をするって絶対につらいと思う。
なぜ・・ここまでして・・栗城くん。

あたしは、今の体調で登山は可能だろうか・・・
人と登って体力的についていけなくて、迷惑をかけるのではないか・・
そんなことを思っていたら、登山モードは薄れていくだけだ。

このままじゃ、あたし、登山をやめそうだ・・なら、行くしかないっしょ。
自分ためしの登山へ。

午後から登れる山は、藻琴山。
1時50分、登山開始。土曜日なのでそれなりに入山者がいるもよう。
最初の登りで息が上がる、心臓が破裂しそうだ。まあ、一人歩きなので休まず同じペースでゆっくり登る。
ザックには、雨具と500mLの水のみなのに、なぜか重く感じる。
登山道に聞こえるのは、あたしの苦しい吐息の音のみ・・
マジで苦しいぞ・・無酸素登山6000Mに挑戦中!!がんばれっ自分。


お地蔵様まで20分。いつもより時間がかかっている・・
しかし、ここまで来て、体内から登山モードの何かが分泌されたようだ(笑)
体が軽くなり、呼吸も落ち着いてきた。

これなら、山頂までいける。
やっと余裕でデジカメで写真を撮りながら登れるぞ。
この山に紅葉は無いんじゃなかろうか・・ナナカマドの実は赤いものの、葉は枯れているだけだ。

写真  写真
赤く実をつけたコケモモに「毒もってます!」と云ってそうなキノコ。

今日は、天気が良かったー

写真
屈斜路湖も知床岬も道東の山々が綺麗に見える。すげえ。


写真

山頂についたのが、2時45分、結局・・・いつもと変わらないで登れてるのね。
つか、あたしは下界にいるときが6000M級の山に登っている状態なのか・・
なぜか山頂では、呼吸も乱れませんの。

やっぱ、山は病院っすね~しらばく入院したいのですが・・(笑)
スポンサーサイト
CATEGORY : お山

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List


01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
Copyright © 雨のち晴れ時々山歩き。 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: bee  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。