FC2ブログ
--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.08.10 *Tue

ひがし北海道めぐり~

天気に振り回され、お山を断念したので、網走から100キロ圏内をウロウロドライブ。
今日の相棒は、小春ちゃん。つか、いつもか、笑。
フォト
天気は、嘘のような青空が広がっている、ついでに猛暑です!ジリジリと肌に日差しが刺し、ジメジメとする湿度の高さは、はんぱない。

そんな大人の女二人で最初に来た場所は・・・。
フォト
「ポッポーッ」と汽笛を鳴らし、通り過ぎる蒸気機関車。
周りを見ても家族連れがほとんど。
そんな汽車にカメラを向ける、場違いな大人の女二人・・。なんか違う、なんか違う。
*写真*丸瀬布『森林公園いこいの森、蒸気機関車 「雨宮21 号」』

本当の目的は「滝を見る」「温泉に入る」なので、先を急ぐことにした。
滝と聞いただけで、涼しくなる~冬になるとアイスクライミングも出来るらしいから、そうとう大きな滝と見た!

未踏の地へ行くってことだけで、楽しい。
そして今日の温泉は「マウレ山荘」ヨーロッパのリゾート風、あくまでもフウ。
を確認して、まずは山彦の滝へ。
フォト  フォト
珍しい蝶を発見、国道より200m先が「山彦の滝」のようだ。
フォト  フォト
山道を登ります、山を断念した筈なのに、以外に登山風で楽しいが・・・
コケに包まれた木々たち、大きな穴の開いた切り株の風景が、屋久島を幻想するかのようだ!
まあ、屋久島は行ったことはないけど、こんな感じなのかな~是非、行きたい。

湿度の高い森を歩くこと数分、200mはあっという間、三脚にカメラを構えるちょっと年を食ったお兄さん、お姉さんがたくさんいた。
ただただ・・・滝を撮っているらしい。

フォト
どうよ、あたし・・・ちっちゃい!それだけこの滝が大きいってこと。
裏に回って滝の後ろっ側が見れるなんて、ここだけ?これはクライミングも楽しいかもね。
マイナスイオンを十分に浴び、お肌も喜んでいるわ-☆
フォト  フォト
一人のおじさんに、撮った写真をブログ?宣伝写真?よ~くわからないが、使っていいかと聞かれたので、OKしたが・・何に使われるのかな・・。
まあ、美人さんと言われたので良しとした、笑。


「山彦の滝」から山の中へ500m歩くと「鹿鳴の滝」がある。
簡単に500mというが、うっそうとした山道、熊が出そうだわ・・・・。
あたしの悪い癖・・怖いとか、感動がない時はカメラのシャッターをあまり押さない・・・。つか、本当に出そうだったんだよ・・何かが。

そそくさと山を下り、マウレ山荘へ。
フォト
日帰り入浴大人600円、館内もお洒落な洋風。
お湯は程よい41度、露天風呂は40度、肌にまとわりつく感じがスベスベしてて、いい感じ。色は透明で漂白剤の匂いがする・・・スベスベヌルヌル・・つーことは、お肌が融けているから?と、小春ちゃんと顔を見合わせ苦笑い。
まあ、それでもいいお湯でした。小春ちゃんごち~☆

あ、ここのアイスクリームはオススメしません。

なんか、お湯に入って一皮向けたのか?笑。
以外にさっぱり~。

来た道を戻り、さて次は何処へ行く。
ジモピーだけど、ジモピーだけに観光らしい場所を知らない。
遠軽町の○○の名所「がんぼういわ」にでも登りますか。
頂上にある東屋で、しばし大雪方面をながめる・・・ああ、恨めしい。

本当に、この辺りは見所らしい場所がない、感動がない。

ここまで来たら、海でもみて帰りますか。湧別の三里浜キャンプ場へ。
ここは、大雪山の『桂月岳』と名づけた大町桂月の歌碑がある。
サロマ湖の砂嘴を見て、まるで竜宮に続くようであると、云ったらしい。


『富士山に登って、山岳の高さを語れ。大雪山に登って、山岳の大(おおい)さを語れ』 大町桂月著

大雪山に感動した大町桂月と同じ気分でオホーツクの海を見るって、ちょっと感動。

あいにくの天気ですが・・・・。
フォト
オホーツク海と歌碑。

今日は、網走を出て「丸瀬布」-「遠軽」-「湧別」を回りました。
さて、次は何処へ行く?
スポンサーサイト
CATEGORY : おでかけ

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List


11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
Copyright © 雨のち晴れ時々山歩き。 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: bee  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。