FC2ブログ

This Archive : 2010年08月

--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.08.29 *Sun

単独で山泊だー!in大雪山*黒岳石室

こんなこと、誰もが出来ることなんだよね~だから、偉くもなんともない。
きっと山屋からしたら、鼻でわらっちゃう?そんなちゃんちゃら可笑しい初山泊!

数日前から緊張と不安と胸騒ぎ?ああ落ち着かない日々で、相変わらずのパッキングベタ。どうすんの?このあぶれた荷物・・・・。
小さく小さく丸めて、押したり引いたり、体の全部を使ってどうにかザックの中へ。
ちょっと触ったら「ボンッ!」と、いきそうだわ。

今までにない・・・・この重量。つか、ザック小さい?


さて、ずっと気になっていた天気ですが、もちろん晴れ。(晴れ女ですからね)
まあ、雨が降っても行く予定だったので、晴れてくれると嬉しさ100倍っすね。

気温も高いけど、風もありで心地よい登山日和。
重い荷物の割に、足取り軽やか~以外に鍛えられていたか!My足。
「こんにちは~」の声翔けに「うるさい」と言い放ったくそオヤジ○ね。
フォト
予定通り1時間半で黒岳山頂に。
きっとここまでの予定なら、達成感で雄大な大雪山系を見て「わお~」だったんだろうけど、目指すはまだまだ先。目的地は山頂から下って20分。

フォト
ここが、お世話になる黒岳石室です!(テン場より撮影)
何度も訪れてますが、単独は初めて・・ゆうちゃん、頼むね・・・。

ここに着いてから、空の綺麗さにうっとり。
フォト

フォト フォト 
フォト フォト

まずは、寝床の確保。
フォト
結局、あたしの横には誰も来なかった・・・なじぇ?笑。

まあ、独りって何をどうして良いのかわからんですねー
ゆうちゃんとくまさんにかまってもらって、時間をつかうものの・・なかなか減らない時間。山の上って凄いや。
フォト
もう、散歩に行くしかない!!

ここで沢から登ってきたあっきさんに、遭遇。ジャージ姿似合ってたよ、笑。
黒下でテント泊のようで、下っていった、バイバイ。

初めての食事、山メシ♪なんて、宣言したものの・・

キノコ三昧バター風味蒸し☆
なんだなんだ、焼けてるのか?独り食事つまらんので、急いで生のまま食べたよ。チョー不味かった。色々仕込んできたのに、アホです。これ以上の食事の用意は無理、頑張った気持ちだけでお腹がふくれた。

しかし、単独にもいいところも♪同じテーブルで一緒だった単独で来ていた北大院生の小林君、札幌から来られていた佐藤さん女子と、仲良くなりました。
また、何処かのお山で逢いましょう。
佐藤さんと飲めないお酒で乾杯☆ゆうちゃんもお付き合いありがと。
フォト
昼間は受付兼売店、夜になると「一番高いところにあるBAR」になる。
ここで、飲む筈が・・・テンションの上げ方教えてください。

満天の星には恵まれず、寝床へごー。
ほんのり暖かい石室の中、みんな小声でボソボソ・・とりあえず寝れそうにないので、ヘットをつけ日記を書く。8時40分静かに電気が消される。まったく寝れない。
いびきの合唱!耳栓が必要だと学ぶ。

妙に目が覚め、真っ暗な室内をぐるっと見る、白いものが浮遊中?近づいてくる気配なし、干してあるタオルだったのかな、怖くなかったもん。それにしても左右にフワフワ。

寝た気がしないが、ごそごそと起きだす登山者。Am3:40。
そろそろ朝焼け?とりあえず支度をして外へ。桂月岳を見るがだれも登る気配なし・・
遠くに明け始める空を見る。いそげ。

雲は多いが、確実に焼け始めている。
フォト

フォト  フォト

フォト

ああ、綺麗。きてよかったな。来年も来よう。次はテント泊なう。

フォト
桂月岳から見た石室とテン場。

朝食のしたくか・・・・食べることが嫌になるって、ありえない。
ハムを切って野菜を押し込む。佐藤さんがアルファー米をすすめてくれた。
リゾットは以外に旨かったな~次回はこれだな。
単独=簡単な食事。これでいいんだなと、学ぶ。

単独で来ると、色んなコトを学ぶな~独りがやめられなくなるかも。
ちょっと寂しいけどさ。
佐藤さんと小林君が去ったあと、管理室にてまったり。写真家のI氏の話を聞く。
写真家だけに立派な写真を撮っているんだろうけど、作品の紅葉の写真はあたしのほうが上手い。な~んて自画自賛。

そんなI氏に、一緒に下山しようといわれ時間を指定された。
なじぇ?どうにかかわしてやろうと企む。じいさん独りかわすのは簡単だった。
偉い人なんだろうけど、さようなら~。

みんなにハグを始める・・。マジで・・・あたしの番?嫌なんですけど~
「これが生涯最後のハグでしたー」で、このじいさんは、嫌だ。だれかお願いします、笑。

あ、NAKさんにもあった。相変わらずハードスケジュールの様で・・ご苦労様。

ゆうちゃんと記念写真を撮り、バイバイ。ずいぶんとお世話になりましたー。
こちらに来た時は、また飲みましょう。

荷物も軽くなり、飛ぶように下山♪管理人ほそやんとスライド、なまら辛そうだった。
軽くお話して、さようなら。その後軽く足をぶつける・・・左足の人差し指の爪がご臨終のようだ・・・さようなら。

ん、事細かに書きすぎか?
山でお話したONちゃんが言っていたように、ブログとはいえ自分の記録、記憶だから。いいつーことで。

とにかく、単独登山は孤独との戦いもあり~の、単独じゃなきゃ味わえない、スリルとサスペンス?があって楽しいなか。

最後に。
フォト
大雪山は、少しずつですが紅葉が始まったようですよ~もみじ

来月も、いくしかないしょ。
スポンサーサイト
CATEGORY : お山

2010.08.25 *Wed

雨が降ろうとも槍が降ろうとも・・山へ行く。

そう決めたんだもん。今週末は山へ行く。


しかし山は誰にも頼ることが出来ないし、ある意味孤独なんだよな・・・。


ちょっとキャラ変えて、アホになろう。


酒など飲めないが、飲める女になって帰ってくるぞ。


酒抱えて登ってやる~まってろー。


気持ちはグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)で、山に負ける気がしないんだけど、明日のバイト休んじゃった。

もう、バイトどころじゃありませんの。
CATEGORY : 未分類

2010.08.25 *Wed

山に行くんだもん。

ちょっとちょっと~なんか、緊張してないか、あたし。
何年前だ?斜里岳に独りで登る時のような緊張感が・・・・この心臓あたりに・・うっ。
いつもいつもヘタレで、嫌になる。

初心者夫婦を、1泊の登山に誘うのは無謀だってことで、今回は予定通りの独り山泊に決定!!キラキラキラ~☆
親友夫婦は、秋の山!紅葉の魔法にかかればいいのさ~。
魔法にかからなければ、耳元でささやいてあげます「お山好きだよね、お山好きだよね」、きっとはまることでしょう~。
そんな夫婦だもん。

まあ、とにかく道具を近いうちに買いそろえるらしい。
初めての登山は、何処がいいのでしょうか?札幌の人なんだけど・・・。
誰か、おしえて。

「山メシを考える会」の会員が増えつつある様なので、ほんと、考えているかい?
って云われないように、実際に作り、ざ・実食!を・・・。していきたいと思います。
9月に健康診断があるから、夜は食べ物を控えたいのですが。
なにせ、独りもんなんで~自ら食べなきゃいけません・・。ふとっちゃう。

今日の山メシ・「麻婆素麩」(マーボーソーフ)。「ネットから参照」
お豆腐の変わりに「お麩」を使います。お麩に汁が染み込みとろとろり~ん♪
フォト
材料は、お麩、春雨、ネギ、しめじ、麻婆豆腐の素(ひき肉入り)だけ。

麻婆の素の記載の分量よりも多めに水を入れ、順に春雨、しめじ、ネギをぶち込み-
お麩にとろみも入れコトコト煮込みます。
フォト
もう、簡単に出来て、なかなかの出来栄えです、実食しましたが、Good!でした。

これを、ご飯にかけると・・・・
フォト
「麻婆素麩ドン!」
お山では、これくらいしてもいいんじゃない?なんでもあり~ってことで。

独りだと、あまることもあるよね?そんな時はどうするの?お持ち帰りだよね。
色んなことを考えていたら、寝れなくなりそうだ・・。

明日にしよう。
CATEGORY : 未分類

2010.08.24 *Tue

山へ行こうよ。

先日、休日をダラダラとしてまして、あっという間に午後へ突入!
言い訳をしますと午前中から、何かしなきゃ!とは思っておりましたのよ。
でもなかなか、重いお尻が・・・・・。あらま~どうしましょ人間失格だわ。

と、家の中をゴロゴロ転がっておりますと、ならない、本当にならない携帯に異変が!
久しぶりに聞いたんじゃね?この曲♪そろそろ変えねばな・・・で、うん年になる。

出ると、親友M枝!
「来ないの~着いたよ~、待ってるから!花火は8時10分だよ。」
昨年の今日、会う約束をしたんだった、それが今日・・。只今の時刻4時半。

飛ばして片道2時間さ、余裕。

「どどどどど~んっ!」
フォト
その辺の花火とちゃう!本当に全然ちゃうから~。皆に見て欲しい。
花火が降って来る感ありありで、花火に包まれる感もある。表現が難しいわ。
とにかく、このために来たんだ~って後悔することのない花火さ。

広いとはいえない会場で、親友M枝とも無事に逢え、キャッキャッ。
フォト
M枝・・ブログにはまっているらしく、ブログようの写真撮影を旦那さんに要求してた、笑。
(M枝さん・・・ブログは内緒っ♪って云ってたけど、見つけてしまいました、あしからず、笑)
結局さ、このわた飴くるくる~写真は使ってないじゃん!旦那さん。。可愛そうに。

その旦那さん、登山に興味がありありで、登りたいらしい。
それなら、一緒に登りましょ♪札幌に帰って秀岳荘へGO!らしい。
さあ、山へ行こうよ。いい返事まってますねー。


ど田舎の祭りは、眠らない。
フォト
旨いもんだらけ~健康診断?なんじゃそれ?
今食べないで、いつ食べるのさー!!!笑。

同級生やら懐かしい顔ぶれで、笑いが止まらない。
みな、この年齢だもんな~良いネタ持ってるわ・・・時間を忘れあの時代にワープした感じ。

実に楽しかった。また来年♪次回は2連休とらなきゃな。

さて、今日の休みも狭い部屋の中を、ゴロゴロ転がっておりました。
山にも行かず、湖にも行かず、ただただゴロゴロ・・・。
最近の休み猫になっております。

フォト
小麦の全粒紛でクッキーを作ってみたぞ。
形は良くないが、味が最高っす。あたしって天才だわ・・自画自賛。

今週末は、山に行くぞー。
CATEGORY : 未分類

2010.08.19 *Thu

山メシを考える会


さて、「山メシを考える会」会員1名だけど・・考えているだけで楽しいや、嫌なことも忘れられそうだし。
あんなこと、こんなこと、できたらいいな~。

今年は残暑が長く続きそうなので、まだまだお山には登れそうだし、ワンバーナーでどれだけの美味しい山メシが作れるか、下界で楽しんじゃいます。
え?山じゃないの?練習練習・・・・笑。


写真:昨日、仕事帰りに、ダイソーにより、色んなものを物色するなり~。

今日も気温は30度こえ。あついあつい・・。
ベランダには、洗濯物があり現実をまじまじと生きているあたし・・。
それでも、頭の中は山をイメージして「山メシ」の準備をするあたし・・。
フォト
かなり体重が気になるので「野菜たっぷり春雨シーザーサラダ風」を作ることにした。
だってさ、作って食べるのは・・・結局自分だもんね。

春雨が茹で上がったときに、気が付いた・・・お湯を切るザルがない。
まあ、ベランダでやっているもんで、家に入ればありますけどね~
で、春雨はどうやって冷ますの?大切な水を使うなんてできない・・・・。
つーことで!
フォト
暖かいままで・・「HOT!野菜たっぷり春雨シーザーサラダ風」のできあがり☆。

味は、あったかいサラダでした・・。
ん~ラーメンサラダとか、うどんサラダ、とかしてみたいけど、麺をどうやって冷ますかが問題だな。
フォト
食後のコーヒー☆を入れ、愛猫るなとベランダで日向ぼっこ。
フォト
初めてお外に出たるな。なんだか、怪しい行動で笑えた。

さ、次は何を作ろうかしら。
CATEGORY : 未分類

2010.08.10 *Tue

ひがし北海道めぐり~

天気に振り回され、お山を断念したので、網走から100キロ圏内をウロウロドライブ。
今日の相棒は、小春ちゃん。つか、いつもか、笑。
フォト
天気は、嘘のような青空が広がっている、ついでに猛暑です!ジリジリと肌に日差しが刺し、ジメジメとする湿度の高さは、はんぱない。

そんな大人の女二人で最初に来た場所は・・・。
フォト
「ポッポーッ」と汽笛を鳴らし、通り過ぎる蒸気機関車。
周りを見ても家族連れがほとんど。
そんな汽車にカメラを向ける、場違いな大人の女二人・・。なんか違う、なんか違う。
*写真*丸瀬布『森林公園いこいの森、蒸気機関車 「雨宮21 号」』

本当の目的は「滝を見る」「温泉に入る」なので、先を急ぐことにした。
滝と聞いただけで、涼しくなる~冬になるとアイスクライミングも出来るらしいから、そうとう大きな滝と見た!

未踏の地へ行くってことだけで、楽しい。
そして今日の温泉は「マウレ山荘」ヨーロッパのリゾート風、あくまでもフウ。
を確認して、まずは山彦の滝へ。
フォト  フォト
珍しい蝶を発見、国道より200m先が「山彦の滝」のようだ。
フォト  フォト
山道を登ります、山を断念した筈なのに、以外に登山風で楽しいが・・・
コケに包まれた木々たち、大きな穴の開いた切り株の風景が、屋久島を幻想するかのようだ!
まあ、屋久島は行ったことはないけど、こんな感じなのかな~是非、行きたい。

湿度の高い森を歩くこと数分、200mはあっという間、三脚にカメラを構えるちょっと年を食ったお兄さん、お姉さんがたくさんいた。
ただただ・・・滝を撮っているらしい。

フォト
どうよ、あたし・・・ちっちゃい!それだけこの滝が大きいってこと。
裏に回って滝の後ろっ側が見れるなんて、ここだけ?これはクライミングも楽しいかもね。
マイナスイオンを十分に浴び、お肌も喜んでいるわ-☆
フォト  フォト
一人のおじさんに、撮った写真をブログ?宣伝写真?よ~くわからないが、使っていいかと聞かれたので、OKしたが・・何に使われるのかな・・。
まあ、美人さんと言われたので良しとした、笑。


「山彦の滝」から山の中へ500m歩くと「鹿鳴の滝」がある。
簡単に500mというが、うっそうとした山道、熊が出そうだわ・・・・。
あたしの悪い癖・・怖いとか、感動がない時はカメラのシャッターをあまり押さない・・・。つか、本当に出そうだったんだよ・・何かが。

そそくさと山を下り、マウレ山荘へ。
フォト
日帰り入浴大人600円、館内もお洒落な洋風。
お湯は程よい41度、露天風呂は40度、肌にまとわりつく感じがスベスベしてて、いい感じ。色は透明で漂白剤の匂いがする・・・スベスベヌルヌル・・つーことは、お肌が融けているから?と、小春ちゃんと顔を見合わせ苦笑い。
まあ、それでもいいお湯でした。小春ちゃんごち~☆

あ、ここのアイスクリームはオススメしません。

なんか、お湯に入って一皮向けたのか?笑。
以外にさっぱり~。

来た道を戻り、さて次は何処へ行く。
ジモピーだけど、ジモピーだけに観光らしい場所を知らない。
遠軽町の○○の名所「がんぼういわ」にでも登りますか。
頂上にある東屋で、しばし大雪方面をながめる・・・ああ、恨めしい。

本当に、この辺りは見所らしい場所がない、感動がない。

ここまで来たら、海でもみて帰りますか。湧別の三里浜キャンプ場へ。
ここは、大雪山の『桂月岳』と名づけた大町桂月の歌碑がある。
サロマ湖の砂嘴を見て、まるで竜宮に続くようであると、云ったらしい。


『富士山に登って、山岳の高さを語れ。大雪山に登って、山岳の大(おおい)さを語れ』 大町桂月著

大雪山に感動した大町桂月と同じ気分でオホーツクの海を見るって、ちょっと感動。

あいにくの天気ですが・・・・。
フォト
オホーツク海と歌碑。

今日は、網走を出て「丸瀬布」-「遠軽」-「湧別」を回りました。
さて、次は何処へ行く?
CATEGORY : おでかけ

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
11
12
13
14
15
16
17
18
20
21
22
23
26
27
28
30
31
--
Copyright © 雨のち晴れ時々山歩き。 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: bee  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。