FC2ブログ

This Archive : 2008年09月

--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.09.23 *Tue

半径7000メートル

ずいぶんと、中途半端な数字になったが・・そんなもんでしょ。
家からぐるっと半径7000メートルの行動範囲ってこと(ひろっ)

季節の変わり目なのね、カラダ教えてくれる便利だな~
ごほんっ、ごほんっ、朝から咳が止まらないの、外を見ると雨!最後の休みだよ~勘弁~してよ。
「晴れろ~」手をかざし願う!願う!これでもか~願う!
お日様こんにちは-☆あんがい言うことを聞いてくれるじゃないの。
(いや、ほんと、雲を消せる女ですから~笑)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
写真
どんなもんだいっ!青空が広がっているも~ん。
さっ、最後の休みは半径7000メートルで【秋】さがし。

写真
巡り合いの中で生きてく~また人を好きになる
喜びや悲しみさえ全て、自分のことと受け入れたなら
恵 愛の中で満ちていく 逃げずに自分のことも好きになっていく
出会いも別れも乗り越えた 君はもう一人じゃないよ・・♪
【BGM】ケツメイシ~出会いのかけら

車を飛ばし、窓を開けカメラを向ける、適当に撮るけど動きがあって楽しい♪
木々は、まだまだ夏なんだよね、昨日まで暖かかったもんな。
写真
風に揺れる牧草も、まだまだ秋を感じない。
でも、風は秋の匂いがするわ・・たぶん、風が強すぎて息が出来ない!

寒いっ。

写真
「あ~き!みっけ♪」
十五夜も終わったけど、ススキって秋の植物でしょ。
風に激しく揺れるのを、押えての撮影なんだけど、秋っぽいわ。
写真
あたしの影も長いでしょ~(秋って影が長くなるんじゃなかったっけ?)

とにかく寒いっ。

つーことで、暖かい場所を探しに行くことにした。
美味しいケーキが食べたいっ!娘っ子が言うわけですよ~
写真
森の中にあるケーキ屋さん【風花】お洒落な建物に、美味しいケーキがたくさんありました。

写真
ここでも、秋を発見!「ハロウィン」なんですね~。
食べすぎですかね・・目が、目が、欲しいと言うもので・・。


陽も暮れはじめたので、家から半径7000メートルの能取岬へ。
間に合うか!飛ばします・・。

写真
ギリギリ・・。能取岬から~

海鵜?かもめ?黒い鳥がビューンビューン飛んでいるっていうか、飛ばされているっていうか、風にのっているっていうのか、激しい。
くるくる回っている・・・(笑)うける。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今日は、朝から病院で注射をしてもらったおかげで、いつものように元気に活動が出来た♪
あっという間の夏だったな~って思う。
夏の終わりに、4連休をもらってリフレッシュできたのかも。

人と人との繋がりから、頂いたお休みなんだよな。

【ありがとうございました♪】
スポンサーサイト
CATEGORY : ひとりごち

2008.09.22 *Mon

旅人になろう

「セブン・アイ」からメールが届く、ご注文の商品が入荷されました。
結局、中古本ではなく、新品を買ってしまった・・。
10時と書いてあるが、少し早くても大丈夫だろう、早く手元に欲しい~♪(無事、ゲット♪)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

写真
旅立って、独りになって、踏み出して、孤独になって
鳥のように、自由になって、丘に立って、風に吹かれて
あきらめずに、ずっと歩いて、あきらめずにちゃんと笑っていこう
僕だけのありのままの旅へ~♪
【BGM】ケツメイシ~旅人-☆ドライブには最高なんじゃないですか~。

今日も、快晴です、さあ~いこっ。
お日様がみかたしてくれている休日を、十分に楽しまなきゃね。
野暮用をささっと済ませて、ドライブドライブ♪
写真を撮る!が目的のドライブは、久しぶりかも・・

1ヶ月前には、花など咲いていなかった「コスモス園」へ。
この敷地にコスモスが満開なら、綺麗なんだろうけど、咲き方がまばらで毎年、微妙なんだよね。
「えっ、入場料・・かかるの?はい、300円でした」
老若男女のカップルさんが、多いこと・・(汗)
あたし、目的は、綺麗なコスモスを撮る!専念します。
写真
コスモスも種類がたくさんあるのね、これは、違うだろ!っていう花もコスモスでした。
写真
逆光が好きなんで、お日様に向かってカメラを構える姿は、ちょっと変かも(やめられない)

広大な敷地を、歩いた歩いた、もうコスモスは見なくてもいいかな。
もう来ないも~ん。
写真


さっ、次の場所へ・・ってもう網走方面に向かう。
いつもの、近道で綺麗な「キカラシ畑」を見つけちゃった♪
写真

ん~ここもカップルさんが「撮るよ~♪」なんて「撮れば・・」
っていうか、邪魔なんですけど~あなたたち!あたしのカメラに写っちゃいますよ!
写真
キカラシ畑に潜り込み、座り込み、お日様探して~
キカラシ畑から出てきた時には、黒いズボンが花粉で黄色に染まってしまったよ。妙だ、やっぱり、あたし妙な人だ(汗)
カップルさん、びっくりしただろうな~(ひゃ~)

『キカラシ』畑に種がのる前に土に鋤きこんで緑肥にする、菜の花に似ている。

もう、観光客になるしかないな。
ナンバープレートのひらがなを【わ】に書き換えたいくらいだわ。
【わ】=レンタルカー。

あとは、「珊瑚草」をとって帰ります。

今年の珊瑚草は、いつもより赤くて綺麗かも♪まあ、遠くから見ないと綺麗だな~とは、思えないのが【珊瑚草】あれは、近くでは見るものではない・・。
よ~くみると、鶏の足のようなんだもん。


写真
珊瑚草を見に来た観光客で賑わっていた。
「はい、撮りますよ~」
「ズワイガニ!」
「タラバガニ!」
・・・・・・はあ、そんな、タラバガニって【にっ】ああ~確かに、にこっとするわね(笑)うける。

写真

青い空に、赤に染まる珊瑚草は、やっぱり綺麗ですね♪

しかし、長距離運転は、疲れます~。
あったま、いたっ。

旅人になってみたけど、これが、ありのままのあたしなんだな。
これからも楽しく行こう。
CATEGORY : ひとりごち

2008.09.13 *Sat

ひとりで雌阿寒岳

「よしっ!一人でいっちゃうぞっ!」
単独なんて、積極的なチキンにとって、凄いイベントなんだぞ!
スリルとサスペンス-☆熊に遭うかもしれないアドベンチャーさ~。

あの、森林の中の「カサカサッ」という音が怖い!なら聞こえなくしたらいいじゃないの、つーことでi-Podに適当に曲を入れて、耳ふさぎ作戦!なんだか、お山に失礼かな。ごめんなさい。

4時半に起きて、5時半には家を出るはずだった・・起きれなかった~。
結局、6時半出発。
過去の手帳を確認したところ、同じ時間の行動です、進歩のないあたし。のんびり運転でオンネトーに着くと、観光バスの渋滞に巻き込まれ、日本語の話さない観光客たち・・ここはどこ?

写真
登山口には8時30分着!身支度をし8時40分、登山口から~出発です。
入山記帳を見ると10分前に一人入っているな・・追いつくかな。
やっぱり、一人は怖いし人影が欲しかったりします。

それにしても、気持ちが良い!目に入ってくる緑、緑、うるうるしちゃうよ。耳から流れてくる曲も、いい感じ~♪
まずは、歩幅のまったくあわない階段を、ズシンズシンッで、もうへばっています。引き返すか・・。
写真
ドド~ンと、聳え立つ松に囲まれ、優しく背中を押された気分になり、エゾリスのお出迎えがあったり、ピョンピョンとカエルのお出迎えがあったり、楽しくなってきた♪頑張ろう~。

5合目までは、こんな感じの松の根っこの優しい階段に、足取りも軽やか。
歩きながら曲に聞き入り、山の優しさに触れ涙が止まらなくなった。
うえ~ん泣き顔ヒックヒックしながら、鼻水をすすると、またまた涙がダアー状態。大人になると泣かなくなる下界から離れ、お山に愚痴を聞いてもらって、泣いているいる自分がいた。
こんな時は、人がいなくて良かったと思う、森の動物達に「あほじゃね?」と、思われたかな(笑)

泣いて、すっきりした!調子にのり鼻歌が、声となり一人コンサート♪
「こんにちは~」
あちゃ~!若いカップルに無料で聞かれていた・・。恥ずかしい。
まっ、二度と会うことがないから~いいか。

写真
ハイマツ帯を抜け、振り返るとエメラルドグリーのオンネトー湖が見える!
写真
目の前には「阿寒富士」が雄大な姿を見せてくれる!
それにしても、天気が良いじゃないですか!真っ青な秋空。
写真
そして、ここは6合目です。歩きにくい砂利道が続くのです・・
写真
こ、ここを果てしなく歩くのね・・1歩進んで「ずずずっ・・」さがる~♪
このあたりから、動画も撮り始めました。
「え~ここは、6合目で~す!阿寒富士もみえま~す」
「頂上は、みえませ~ん!ちょっと走ってみま~す」などなど。
へなちょこ山岳部では、お決まりの動画なのですが、一人だとちょっと恥ずかしかったです。でも楽しくてやめられない。

写真
左手下からゴーゴーと噴煙が湧き上がり、火口近くに青沼の姿が。
赤沼もあるのですが、ここからは見えません。野中温泉側からなら見えるのかな。

9合目あたりで携帯がなる、友人からの「山に登っているの?」の電話でした。風が強くなり雲が出てきました、激しい風できこえませ~ん。
丁度、ここだけが電波があったのね・・。

写真
11時ちょい前に、頂上に着きました~♪
以外に、早い到着です!過去手帳では、3時間かかっていたのに、2時間ちょいですね。

頂上で、帯広から来たという老夫婦と挨拶をし、お話をしたところ「あんたはオンネトー側に下りるのかい?下りるなら私らを野中温泉側まで送ってくれんかい?」
と、縦走したいそうで、乗せてあげることにしまた。
下山は、ひとりじゃな~い。ってことになりました。
写真
「帯広から来たという老夫婦」


その前に、腹ごしらえ。
写真
硫黄山、阿寒湖を眺めながらの昼食です。
あっ、写真は奥様に撮っていただきました♪
「ちょっと~その姿なんか、カッコイイから撮ってやるわ~」と言われちゃいました(笑)


のんびり山頂に滞在しようと思ったのですが、やっぱり、ね・・老夫婦さんがお待ちのようなので、おにぎり1個をほうばり終了。

寒い山頂にさようなら。
いい時間に登ったな、あんな素晴らしい景色が見れたんだものね。
やっぱ晴れ女だわ。

下山は、さくりと1時間ちょいで登山口まで。
老夫婦の年齢を聞くと、70歳!なんだか白雲岳の70歳といい、網走山岳会会長の70歳といい、今は70歳が熱いのですかね~!
山は、年齢知らず。

写真
「雌阿寒岳」「阿寒富士」「オンネトー湖」
いつも思う、ここに登ったんだな~凄いな。


老夫婦を野中温泉まで送り、頂上で撮った写真を送る約束をし、お別れをしました。
帯広に来たときは、近くのお山に案内してくれるそうです。
素敵な出会いがありました。

今日は、天気に恵まれての山行でした♪
お山に、また優しくされちゃいました、本当に癒されます。

さあ、次はどこへ・・。
CATEGORY : お山

2008.09.09 *Tue

銀泉台~赤岳~小泉岳~念願の白雲岳の縦走♪

今日は、お友達のプーミンちゃん夫婦と大雪山へ行ってきました。
予定では「赤岳往復」です。
銀泉台までのマイカー規制が始まる前なので、時間には余裕をもてて安心登山です。
・・・・なのに、なのに、あたしったら寝坊してしまいました、ごめんなさい(いや~ん、信じられない)

銀泉台に着いたのは、9時ちょい前、すでに駐車場は登山者でにぎわっていました、入山記帳をしAm9:11に銀泉台を出発(すまん)
昨日の降った雨のせいでしょうか、空気は澄み、青い空!もう~登山日和♪(気分はアゲアゲ)
赤岳登山口から平坦な砂利道を歩き、狭い歩幅のあわない階段道を歩くと、紅葉の斜面が広がります、ん~微妙な紅葉です。
「おはようございます」登山者の方々との挨拶は、気分も良いですね。

足取りも軽く、いつものようにプーミン夫婦とは、笑いが絶えません。
いつまでも少年のココロを持った旦那さんに、キャピキャピのプーミンちゃん、そして綺麗なあたし(笑)のへなちょこ山岳部!元気~♪
紅葉の斜面をズシズシ歩き、整備された平坦な林道を抜け、岩場を登ると、コマクサ平が広がります。
残念ながら、高山植物は終わっていました。

写真
紅葉全貌ですが、やっぱり微妙に綺麗じゃない~萌えない~。
登山者のおばちゃん「まったく綺麗じゃない!」ぷんぷんっと、怒っていました(笑)
(昨年は、萌え~燃え~♪と叫んだくらい綺麗だったな~)

ここを過ぎると、かなりきつい!岩場の登りになります。
景色は絶景です!岩場をやり過ごし足に優しい道を歩き、またまた岩場の登り・・きついっ。
「がんばれ~へなちょこ山岳部!」

写真
写真
「うわあ~待ってました!この景色!」
ぐるりと大雪山系が広がります、素晴らしい。
写真
先週登った、黒岳に、北鎮岳、烏帽子岳がドドンッ!と雄大な姿を見せてくれました。

写真
赤岳山頂で、記念撮影~♪
赤岳山頂でお食事だ~お腹空いたよ~
寝坊しても、お弁当におにぎりはしっかり作りました♪
プーミンちゃんの手作りクラムチャウダーに、うちのフランスパンで作ったプーミン特製サンドイッチ最高!

お腹も満足、目の保養も十分なのですが、まだまだ欲求がとまりませぬ。白雲岳・・みたい。
とりあえず、小泉岳まで行ってみますか~と言うことなり、出発です。
行けども行けども平坦な道で、なかなか見えない小泉岳。プーミンちゃんがんばれ~!

写真
分岐に着いたものの、白雲岳は見えず(涙)
ごめん、ちょいと走ってみてくる~ダッシュ!
そこであったおっちゃんに「白雲岳は、あとどのくらいでいけますか~?」
「あそこだ!」指差す方向に!ドドド~ン!
写真
きゃ~4年間、夢に見た白雲岳だよ、すげえ~。
「ここまできたら、白雲岳に行かなきゃ、もったいなべ!行ってこい!あんたらなら、1時間もかからん40分だ!」と、背中を押してもらい、ふふっ、体力の限界に挑戦!大丈夫だろうか・・。

写真
ここを、登るのね・・ここを登りきったら、素晴らしい感動が待っているのね、楽しみ~♪
写真
「目指せ!白雲岳!」テンション上がりっぱなしです(笑)
1,2,3!白雲岳山頂に到着です!

写真
ニペソツ岳と同じ感動を味わっていた、自然センターで働くお兄さん-☆
写真
トムラウシと号泣しているあたし-☆
写真
旭岳と裏旭岳とプーミンちゃん-☆

「うえ~ん、涙が止まりません!号泣ですよ!一昨年も昨年も断念した憧れの白雲岳に登ったのですよ、この天気のタイミングに感謝と山での出会いに感謝と一緒に登ったへなちょこ山岳部員に感謝です」
360度何処までも続く山々の中にいるちっちゃな自分、ため息の嵐です。

山に登ると、いつも思う「ここにず~っといたい・・」ってね♪
登山をしてて本当に良かったな~。

この風景を目に焼きつけて、悲しくも下山です。
出合ったお兄さんは、白雲岳非難小屋で一泊して、旭岳をめざすようでした。
「また、どこかで~」

気づいてしまった・・へなちょこ山岳部員たち。
登ってきた道のりを考えると、恐ろしく遠くないか~(笑)
体力も限界に近く、お日様も後ろから追ってくる状態!いそげ!へなちょこ山岳部!
写真

赤岳登山口に着いたのは、Pm5:30。
登山をするのには、ギリギリの時間でしたが、無事に帰ってきました。
今日は、本当に素晴らしい思い出つくりになり、この感動は忘れません。

登山後は、お決まりの温泉♪塩別つるつる温泉でほへ~♪
それから、びっくりドンキーでハンバーグにパフェ-☆をたらふく食べました。
「先にパフェで!」って注文する人ってあたし達だけじゃない?(笑)
だって、登山のご褒美にパフェが食べれるよ~といわれてたんだもん。
(頑張れたのは、パフェのおかげ?)


写真
プーミン旦那様!ご馳走様でした!

@おまけ@
写真
2006年9月に撮影した、赤岳の紅葉
CATEGORY : お山

2008.09.02 *Tue

紅葉の黒岳レポ

「山に行きたいよ~山で癒されたいよ~」と、思い「決めた、第二段単独で黒岳に、行っちゃう計画」を3日前に決めた。
ところが、マイミクでもあり、友達のプーミンちゃんが、同行してくれることになり、プーミン夫婦と3人で「黒岳にいちゃう?いっちゃうよ(笑)」と、いうことになる。

3日前から天気予報を見ても、どうみても「曇りのち雨」が消えてくれない・・。
まあ、雨なら雨でいいね♪それでも登ろう!と、行くだけいく!
昨夜の雨の音が、悲しくさせたが、気持ちは「晴れる!」と信じていたの。

外に出ると、ふふっ、天気悪っ。
それでも、山に行くと思うだけで、楽しくなっちゃうあたし達-☆
車に乗るなり「おやすみ~」と、旦那さんに運転はお任せして寝る。
なんて言う、悪い女なのでしょう~(笑)

目覚めたのが、石北峠付近。
なんと!青空じゃないですか!もう、きゃきゃっ元気になっちゃうじゃない♪

層雲峡に着いたのが、9時すぎ、素早く支度をしロープウエイに乗り込む。
リフトに乗り、7合目で登山記帳をし、9時57分登山開始!
少しのガスがあるものの、蒸し暑い。
驚いたことに、黒岳は紅葉が始まっているようだ。
ななかまどの葉が、汚く色ついていた・・・(汗)時間も時間だったのと、平日だったので、登山者はパラパラ程度で、登りやすかった。

歩幅のあわない石の階段を、ズシズシ登り、なんだか楽しくなってきていた。
「おなかすいた~」「バナナがたべたい~」「がりがり君たべたい~」
暑さで、ひぃ~なんだけど、食欲はあるようだ。

ガスで「まねき岩」がなかなか見えない!と、思った瞬間!ガスが嘘のように晴れ、あたしたちに顔を見せてくれた。


写真
きゃ~!!なまら綺麗!こんなにも紅葉がすすんでいるとは~☆
この風景をみて、はしゃがないわけがない、あたし達-♪

運動不足のあたしが、なぜだろう・・まったく疲れなどなく、息も上がらず元気だったのは・・やっぱり黒岳が好き☆だからだろう。

このテンションのまま、頂上へ!
最後の急登を抜けると「ぽこっ」と頂上へ着く。
この瞬間が好き!目に飛び込んでくる大雪山を一望した時の感動ったら、言葉も出ないくらい。
カラダが震え上がるような、ぐぐっ~っとする気持ち。


写真
「じ~ん」黒岳頂上着、11時39分
写真
プーミンちゃんと記念撮影~☆

石室まで行き、昼食をとることにした。
写真
なんか、可愛い~石室が見えてくると、あと少しの下りになる。

途中、高山植物の「ちんぐるま」が風に揺れている。
写真
この花は、あたしが一番好きな花だ!この綿毛になった姿が、可愛くてしょうがない♪今年も待っててくれたんだね♪「ありがと」

写真
石室到着~12時11分
管理人さん?や登山者と挨拶を交わし、昼食にしお腹を満たして満足。
なにやら、管理人さんたちが仕切りに、天気を気にしているようだ、後でわかったことなんだけど、ヘリを待っていたようだ。
物資をぶら下げたヘリが、何度も行き来する光景を見ることが出来た。
きっと、ラッキーなことなんだろうな~。

お腹も満たされ、長椅子でごろん~と、大雪山の空を仰ぎ心地よい気分になる。
写真
なんて、気持ちよいのだろう~とても癒された。


石室から北鎮岳をみると、記憶にある白鳥の雪渓は、なかった。
今年は、早い時期に消えてしまったといっていた。
時間があれば、北鎮岳に行きたかったかも。

来れてよかった、山に登れてよかった、やっぱり登山が好き。
今日は、お付き合いしてくれたプーミン夫婦に感謝です。
お馬鹿な写真もたくさん撮れたし~楽しかったです♪

また、どこかの山でお馬鹿をしましょうねんハート達(複数ハート)

追伸-☆
初めて「ナキウサギ」に会いました♪
めちゃ、可愛かったよ~ん目がハート
山は、あたし達を受け入れてくれたようだ。
素敵な山行になりました、本当にありがとう。
CATEGORY : お山

09
--
1
3
4
5
6
7
8
10
11
12
14
15
16
17
18
19
20
21
24
25
26
27
28
29
30
--
Copyright © 雨のち晴れ時々山歩き。 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: bee  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。