FC2ブログ

This Archive : 2008年06月

--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.06.30 *Mon

一人で歩けたもん(斜里岳)

2008.6.29

予定通り、今日は「斜里岳」へ
自分で書いた日記に気持ちが、押しつぶされそうな日々を送ってきましたが、やっとですよ、肩の荷がおりました。

斜里岳は、登山を続けるとは思っていない4年前に運動靴で登ったお山です。
山をなめるな!斜里岳をなめるな!で、一人でなんていっちゃ行けないお山だと思っていた、怖くて行けなかったのが本当の気持ちだけど。

標高1545mの斜里岳は、阿寒の山々と知床連山の中間にそびえる日本百名山のひとつのお山です。オホーツク海側から眺める斜里岳の景観は「かっこいい!」の一言です。

下見もしていたので、清岳荘にはすんなりと行けました、今日は「山開き」団体登山者がもう支度をして登り始めようとしています。
天気曇り、ちょっと肌寒いので、上着を羽織い「いざっ!山頂へ」
写真
清岳荘を出、森林を歩き旧登山口まで20分。(これいらない~)
写真
旧登山口を出、下二股までは15分、沢沿い「一の沢」の登山道を歩き、渡渉を繰り返しながら進むと、雪渓の残る場所へ!このしたには大きな空洞があるので、暖かい日はスノーブリッチが崩れる恐れあり!
写真

下二股~上二股では、前を歩く団体さんに追いついてしまい、一人登山じゃなくなってしまいました・・。
「お先にどうぞ」といわれても、あたしも辛いんで~休み休みで、間隔をあけ進むことに(目的は一人歩き)しました。
このあたりから、のどの渇きに、空腹でモウロウ~(汗
水をチビチビ飲みの歩きです・・・ふぅ。

目の前に大きな滝が現れます(羽衣の滝)
写真
ここから沢登りで、ずしずしと登るのですが、傾斜がかなりきつく、滑りやすく足をとられてしまいます。
写真
写真

しかし、滝の落ちる音やマイナスイオンで、癒される~♪
ぼ~っとしばらく、佇んでいましたよ(一人歩きについて考える)
やっとの思いで上二股に到着!新道(熊見峠)の分岐点でもあります、下山路はここから分岐して尾根道を歩きます。
空腹で、腹に力が入らんのか、このために減量したつけが、回ったのか~


ここを過ぎると、沢は終了!ダケカンバの急登へ、そして胸突き八丁!
写真
この道が辛いこと、辛いこと、ただただ登るしかない!だけ考えて登りましたよ。足が・・・上がらない~体力の限界か!

前を歩く、おじさんが「大丈夫か~」と声をかけてくれ、気にかけてくれました、ありがたいですね。(そんなに人から見て、へばってたのでしょう~か、「さっきからため息しか聞こえんぞ!」といわれてしまいましたから(笑)
胸突き八丁を過ぎると、馬の背まではジグザグに岩場を登っていきます。

写真
風の強いこと!一気に体の体温が奪われ、汗がす~っと引いていきます。
何かを食べなきゃ!先ほどのおじさんと、香川県から来たと云う、元気なおばさんと3人で、休憩です。

写真
馬の背から頂上の間にスチール祠があります。
先ほどのおじさんが、リックからお酒とおつまみを出し、お供えしてました、なんか清里の山関係の人だったようです。
「帰りに、ここで酒でも飲んでいけ!」と、云われても~笑

ここを過ぎ、ひと踏ん張り!今にも崩れそうな岩場を、登ります。
山頂近くでは、大好きなチングルマの群生、ショウジョウバカマ、
エゾノツガザクラなどなどの高山植物が、目に飛び込んできます。
ここまで、いっぱい、いっぱいで登ってきたので、ちょっと癒されました。

写真
はい!標高1545M斜里岳!頂上到着です!え~んご苦労様自分。
な~んにも、見えません。だからなのかな・・達成感がいまいち。

頂上は、たくさんの人でごった返し、一人での食事の場所を探すのも、一苦労。
初めての食事・・結局、おにぎり1個(汗)
本当なら、素晴らしい360度の風景を見て食べるはずだったのに、元気のない晴れ女の力は、こんなもんですかね、まあ~雨が降らなかったってことだけでも、良し!と、しましょ。


一人だと、今までの経過を話せない、ちょっと複雑な寂しさを覚え、下山することにしました。
ああ~あたし、お喋りさんだからな~。
一気に、馬の背~上二股、新道分岐点へ下り、熊見峠に向かいます。熊見峠=熊を見る峠・・・「出そうな雰囲気」しかし登りは軽やか!
なんか、一人っていいかも~と、何も見えない山頂を振り返ります。

写真
ちょっと元気になった晴れ女の最後の力でしょうか・・
晴れちゃってます!すごい綺麗な青空を見ました。

写真
ここから、下二股まで下山のみ!
樹高の高いハイマツが被いうっそうとしていて、ひたすら下るのですが、
これが、足に来る!薄暗く深い森の中につけられた急傾斜の道に、ダケカンバの枝が、何度も頭を直撃!
「あたし、馬鹿になっちゃうじゃん」とちょっと凹む、一人歩き。
沢の音は聞こえるものの、到着しないし、膝は笑っているし、この頃には、もう~熊が出たら、出て来い!という、投げやり。

下山は、嫌いだ!とぶつぶつ歩くあたしって~結局寂しがり屋なんだな。
熊見峠から下二股まで1時間半もかかってしまった。


写真
登りで歩いたはずの、雪渓が!!スノーブリッチが壊れていました!
今日は、100人以上の入山だったようなので、落ちるわな。

行きでは水を避け歩いた一の沢の渡渉を、帰りはざぶざぶ入って歩いてみました。
靴も、綺麗になるし、気持ちが良かったです。

かなりの疲労!でも、単独行もある意味、いいかも。

お疲れ様でした!香川県からきたおばさんと、旧登山口で合流。
「お山は、人」と云った人がいたけど、違うかも~と、思いました。
「お山と自分」を考えらされる登山でした。

ああ、良かった、登れたことに感謝です。

帰宅後・・・クライミングをする・・
スポンサーサイト
CATEGORY : お山

2008.06.20 *Fri

ピッカーン藻琴山

そう、お空がねピッカーン晴れなの。
前回行った、藻琴山とはまったく違う顔の藻琴山に再会。

リアル友であってマイミクのプーミンちゃん夫婦とのリベンジ登山。

午後からの仕事は~3時から研修が始まるから、午前中はフリーなあたし達、移動時間1時間、その前に研修施設へ行けばいいから~
「行けるじゃん」いや、「行くよ」即!実行!
ちょっと、ハードかしら・・(笑)


写真

いつもより、早めの入山になります、平日なので人っ子一人もいないかな~と思っていましたが、老夫婦のカップルなどなど、数人とすれ違い、いつものように明るい挨拶が交わせました(これも癒しの一つなの)
写真

あたしの後姿・・かっこいい☆(笑)

ずしずし歩いていると、汗が噴き出してきます、気温がかなり高い!湿度も半端ない!
心地よい風を求め、岩場まで急ぎ足に!桜もまだ咲いているなんて凄いですねえ~。
写真
岩場には「エゾハクサンイチゲ」が満開♪で、山に花♪はこの時期セット
じゃなきゃ、ね♪
写真
プーミンちゃんもセットだと、ますます花が映えますよ・・(笑)

お互いの撮りあっこ♪
こんなポーズ、あんなポーズ♪グラビアポーズまで教えてもらっちゃいましたよ(爆)
写真は、やっぱ~やめやめっ!かなり・・・・恥ずかしい(照)
つーか、山で何をやっているんだか、なんですが~楽しい♪

こんな調子で、山頂まであっという間の藻琴山1000M。
写真
屈斜路湖を眺め、風を感じておりまする~☆

写真
決まってるう~プーミンちゃん♪


下山後は、ハイランド小清水でソフトクリームを飲み(笑)
いや~ほんと、食べるというより飲む!でしたよ。バクバク食べましたから~☆

今日は、天気にも恵まれ(やっぱ、あたし晴れ女っす!)最高の登山日和で最高の登山になりました。

あっ、ダニに食われていたことが・・ブルーでしたが・・(悲)

午後からの研修も楽しかったです♪
ハードでしたが、楽しい一日となりました!おしまい。
CATEGORY : お山

2008.06.08 *Sun

『武佐岳』レポ♪

「武佐岳」?そんな山があったんだ~。
マイミクの、もののふさんが「標津岳」「武佐岳」の登山の話をされていたので、ネットで調べたところ、標高1006mなら藻琴山のイメージじゃないの~。と・・
簡単に、今日の登山を決めてしまったことから始まる、厳しい~登山のお話です。(もののふさんは、標津岳へ)
武佐岳(むさだけ)は、北海道中標津町、標津町にまたがる第四紀火山である。

「早く寝なきゃ!」と、なかなか寝れずで4時過ぎに家を出る。
中標津の街は、初めてなので「武佐岳」の登山口?さ~っぱり分かりません。
前夜に、そちら方面に住むマイミクの「うえたろさん」にメッセージを送り~の、とりあえず「開陽台」からの説明を受け「開陽台」へ行くことにした。
(開陽台に一台の車・・まさか標津岳へ登山する「もののふさん?」お話は出来ませんでしたが、見かけました!(笑)

写真
午前6時20分頃の「開陽台」
前夜に(もののふさんレポ)降った雨のせいでしょうか、雲が低く感じられますが「晴れる予感」晴れ女なんでね(笑

登山口手前の駐車場には、簡単に行けました。
写真第一駐車場(トイレ)
今日は「山開き」でもあったので、パラパラと車の姿が・・
係りの人に、登山口を聞き出発です!「頂上で泊まって来てもいいぞ~」と、おじさん・・「泊まらんし!(心の声)」
登山開始時間、AM6:45~
写真
第二駐車場(登山口)までこの道をかなり歩きます。

笹のゆれる、ゆるい坂道、ぬかる坂道の林道をのしのし登ると「三合目」へ。
写真
三合目の武佐岳憩清荘のわきには憩いの沢(水場)があります。

この頃には、気温も上がりムシムシ~虫虫虫に襲われながらの登りです。
三合目からは、本格的な登山道が続くのです。ひぃ~!
写真
やっとの四合目、そして五合目の平地で一休み。

写真
どっちの山が武佐岳だい?重たい足を引きずり見上げる七合目。
ここからの登りも、なだらかに見えて足にきます!
前を歩くマイミクきよちゃん・・・かなり疲れているようだ。
「おはようございます!」元気なおば様が飛ぶように下山されてきたので、「あと、どのくらいで頂上ですか?」
「ああ~あと、半分だね」
・・・・「って七合目過ぎたところなのに?半分ってどんだけ~」
恐ろしいことを云うね(笑)あのおばさんったら~♪(まったく、信じてません)

写真
「八合目」AM8:40
人の声、頂上?七の次はハチだよね。
岩場となっている八合目の正面に登る中央のちっちゃい、ちっちゃい人の姿・・まさか?あそこを登るのですか。
「ごめんなさい。なめてました!」

ここからが、あたしにとって「羅臼岳」の急登を思い出す、いえ斜里岳の「心臓破りの坂」を思い出す登山が始まります。そうなのです!頂上を目指して一気に尾根つたいの急登が、果てしなく続きます。
写真
途中、サクラの花に癒され、微かに見えるだろう野付半島、頂上は雲の中の斜里岳の姿を見ることが出来ました。
写真

「頑張れ、自分」もう、この頃には、自分しか応援できない状態(汗
分かります?この危機感。

写真
「やった~!頂上だ!」山頂をがっちり!つかんでしまいました♪
あっ、知らないおばさんまでつかんでるし!(汗
え?派手な手袋だって?ねえちゃんが選んだのさ、遭難したら探すのに、目立つでしょ!だとさ・・。
頂上AM9:40、3時間かかりました。
頂上は、一気に視界が広がり360度の展望となり、本当ならば羅臼岳、ウナベツ、雄阿寒、雌阿寒の姿が見え、海、国後・択捉の両島、野付半島も見えますが、今日は晴れているものの、見れませんでした。

頂上では、脱力感?すべての力を出し切った感?足はもう動きません!
おにぎりも、喉を通りません。
昨日からご飯を食べてなかった無謀なあたしの罰だ。
「登山前は、しっかりご飯は食べましょう~」

最後に記念撮影!
写真
「はい、ちーず!」マイミクきよちゃん。
写真
「かお?むりむり~」あたし。

さあ、下山です。
山開きでもあるので、下山するものの登ってくる人が多くて、のんびり下山になり2時間、かかりました。

中標津の温泉無料券を頂き、「ホテルマルエー温泉」へ
ツルツルするお湯でした。

帰りの、運転は辛いこと辛いこと・・。
隣で、きよちゃんコックン、コックンしている、「疲れたのね」(苦笑

マイミクもののふさんは、無事に標津岳を往復3時間!で登られたようで、かなりの脚力の持ち主とみた!
今日は、みなさんお疲れ様でした!
CATEGORY : お山

06
--
1
2
3
4
5
6
7
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
--
Copyright © 雨のち晴れ時々山歩き。 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: bee  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。